Monthly Archives: 9月 2014

『 青年部 × Facebook 』

コメントは受け付けていません。
Filed under 社員の日記

Inagaki_d-vov-b

宮崎県建築士会 延岡支部 青年部よりお知らせです。

先より、部ではイベント案内等の告知において広報不足を感じており
この度、延岡支部 青年部のFacebookページを作成致しました。

「支部の活動や地域の案内など、情報発信を行なって参りたいと思います。

まだまだ、不十分ではありますが宜しくお願いします。

https://www.facebook.com/kenntikusikai.nobeokasibu.seinennbu

『 宮崎県建築士会 研究集会 × 都城大会 』

コメントは受け付けていません。
Filed under 社員の日記

Inagaki_d-vov-b

9月6日に宮崎県建築士会 研究集会 『 都城大会 』に参加させて頂きました。

(開催の趣旨)は
旧都城市民会館は、建築家菊竹清訓氏による、日本のモダニズム建築を代表する文化遺産として、
2 0 0 6年にはD O C O MO MO J A P A N 選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築にも選ば
れました。しかし、同市に新しく建設された「都城総合文化ホール」の完成を機に2 0 0 7年2月、
市は取り壊しを発表しました。折しも、同市にキャンパス移転を予定していた南九州大学が同年
1 0月、”都城市民会館の2 0年間の無償貸与”を要請し、市は一転してこれを受け入れ、解体の
危機は回避されました。
そこで今回は、『学び・創造・問題模索』をテーマに、建築士会からのアプローチとして、制作表現や
意見交換の場を設けることで、新たな発見を見出すことができるのではないかを考える内容でした。


(分科会)として
第①文化会:建物見学+写真発表
第②分科会:建物見学+スケッチ発表
第③文化会:建物見学+建物の将来を考えたワークショップ

私は第①文化会に参加させて頂きました。
建物の見学から始まりデザインも構造的にも特徴のある建物で、今までも多くの建築関係者が見学に
訪れたと伺いました。
私は外観のドーム上のデザインにハリネズミのような印象を受けました。
建築構造は鉄筋コンクリート造と鉄骨造の混構造で、建物の中心向かって構造設計が行なわれていて
鉄骨が建物の中心からまるで扇子の様に屋根に向かって広がっています。
この特徴あるデザインと施工が50年も前に行なわれた事に驚きました。

この①文化会は写真がテーマで見学して自分で撮った自分のお気に入りの1枚にテーマとコメントを添えて提出
する事が課題になっていたので皆さん思い思いの視点で写真を撮られていました。
写真はA4サイズに誰の写真か分からない様、番号で会場に②文化会のスケッチと合わせて貼り出されていました。
これには会場全員で無記名投票を行い表彰を行なう狙いがあったようです。

夜の懇親会(意見交換会)では色々な催しが行なわれ会場が盛り上がりました。
伝統ゲームの「なんこ」のトーナメントに支部代表で出場させて頂きましたが..1回戦負けでした。

「 なんこ 」
鹿児島、宮崎に伝わる酒席の遊び。 2人が向かい合い、10cm程の木の棒を数本後ろ手に持って座る。
片手に何本か持って互いに前に出し、2人の合計を予想して発表する。 互いに手を開いて持っている本数を見せ合い、
当てた者が勝ちとなるゲームだす。(左が私です)

     

「 表彰式 」

文化会の表彰では、光栄にも私の写真が第①分科会の写真の部で、最多得票を頂きまして①位の表彰で番号を呼ばれた時には
会場内でワイワイ飲んでいたのでビックリしました。(笑

①位入賞を頂きました写真 『この建物の特徴的な部分の一つ「 角 」と言われる部分です。』
タイトル:光(ひかり)

投票頂きました皆さんありがとうございした。(賞品は霧島酒造 吉助②本 )嬉しい限りです。

 

      

この様な研修会を催して頂いた都城支部(写真右)の皆様、本当にありがとうございました。